100周年記念プロジェクトについて

白瀬日本南極探検隊100周年記念プロジェクト
実行委員会の設立趣旨




 明治43年11月29日、白瀬中尉を隊長とする「白瀬日本南極探検隊」は、はるかなる未知の世界「南極」を目指して、東京・芝浦を出航しました。
 わずか204トンの船体に18馬力の補助エンジンを搭載しただけの木造機帆船「開南丸」は、怒涛逆巻く南氷洋を乗り切り極地に到達。そして、明治45年1月28日、白瀬中尉をはじめとする突進隊は、南緯80度05分西経156度37分の地点に達し、見渡す限りの一帯を「大和雪原(やまとゆきはら)」と命名しました。

 また、沿岸探検隊は、南極大陸の貴重な情報を入手するなど成果を上げ、その後、白瀬隊は全員が無事帰国しています。 
 知られざる極寒の地を踏破し、一人の犠牲者も出さなかった白瀬隊の、あくなきチャレンジ精神と慎重な行動は、勇気と英知の極致として世界から称賛されています。また、この白瀬隊の実績は、後に我が国の南極観測参加への道を開くこととなり、現在の地球環境保護運動へと結びついています。
 その偉業から、数えて1 0 0年という大きな節目を迎えようとしています。
 これを機に、彼らの偉大な功績を広く世に伝え、永く歴史にとどめていくことを目指して、すべての県民が心を一つにし、手を携えながら取り組んでいくための推進体制を築くことを目的に、「白瀬日本南極探検隊100周年記念プロジェクト実行委員会」を設立します。






>ページの上へ戻る


実行委員会について


協賛金について